経済

下地島―関西路線、3月から再開 ジェットスター GWは1日1便

 【宮古島】格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは6日、宮古島路線の2020年夏ダイヤを発表し、販売を開始した。一時運休となっていた関西―下地島路線は3月29日から運航を再開する。同社の中村泰寛会長=写真左奥=が6日に宮古島市役所で下地敏彦市長と面談し、説明した。

 関西―下地島路線は3月29日~4月28日は週3便、ゴールデンウイークは1日1便、5月6日~6月30日は週4便で運航する。

 また、成田―下地島路線は3月29日~4月27日は週5便、ゴールデンウイークは1日1便、5月7~31日は週4便、6月中は週6便で運航する。同路線は19年比で増便となった。

 中村会長は「今年を振り返って、宮古路線は好調で社内的にも成果が出たと言える。今後より大きく成長させていきたい」と話した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス