政治

宮崎氏、現金受領改めて否定 IR汚職疑惑で

日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、中国企業側からの現金受領を改めて否定する宮崎政久法務政務官=7日、沖縄県那覇市のロワジールホテル那覇

  日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、中国企業側が現金100万円を渡したとしている宮崎政久法務政務官(54)は7日、沖縄県内で報道陣の取材に応じ、「一円たりとも受け取ったことはない。不正なことも不適切なことも一切ない」と疑惑を改めて否定した。
  
  宮崎氏は後援会事務所で調査をしたことを説明した上で「秘書、事務所スタッフを含め一切ない」と強調。「地検には説明していて、すべて何もないという内容で調書もつくられている」とも述べた。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス