エンタメ

空想の世界でヒトラーを信じた少年 映画「ジョジョ・ラビット」 スターシアターズ上映中

(C)2019 Twentieth Century Fox

 人は過酷な現実を生きぬくために空想の世界に浸ることがある。映画の中のジョジョ少年は、弱い自分を鼓舞するためにその時代一番強く尊敬に値すると信じた人物を空想の世界で頼った、それはアドルフ・ヒトラー。

 第2次世界大戦下、ドイツ軍の勇敢な兵士となるために少年隊に属し訓練に励むジョジョは、生来の臆病さと優しさが災いして嘲笑の的にされる。それでも、ヒトラーの唱えるユダヤ人撲滅のために、ジョジョはユダヤ人研究を始める。そしてその手助けをするのが、なんと母親がかくまっているユダヤの少女。ジョジョの空想は、次第に自分の目で確かめた事実によって現実に戻される。

 反戦を描くのにさまざまな手法があるだろう。反戦映画で笑うなんてもってのほかだと思うだろう。

 だが、国民をマインドコントロールできると信じた独裁者は笑いの種でしかない。片や「今やれること」を実践して、人間の尊厳を守った多くのドイツ国民の勇気に脱帽する。監督はタイカ・ワイティティ。

(スターシアターズ・榮慶子)



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス