社会

パネル落下のFA18が離陸 嘉手納基地から岩国へ向かったか

パネル落下後、初めて飛行する米海軍のFA18戦闘攻撃機=15日午前10時ごろ、米軍嘉手納基地(読者提供)

 米軍嘉手納基地を拠点に訓練中、給油口を覆うパネル(カバー)を紛失した米海軍のFA18戦闘攻撃機が15日午前10時ごろ、同基地を離陸した。当該機の飛行は落下後、初めて。配備先の米海兵隊岩国基地(山口県)に向かったとみられる。

 外れていたパネル部分が修復された機体は、南側滑走路から北谷町方向向けに離陸した。嘉手納基地で訓練していたFA18は計3機で、14日に1機、15日に当該機を含む2機が同基地から離れた。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス