新型コロナ「保留分」含め全員陰性 沖縄県25人検査【4月2日発表】

  新型コロナウイルスで、沖縄県が3月31日から2日にかけて新たにウイルス検査をしていた25人は全員が「陰性」だった。2日午前、県が確認した。うち6人は1日に「判定保留」としたもので再検査し陰性を確認した。

 これまでの県内発生は9例あり、沖縄関係で確認された感染者としては10人となっている。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス