社会

河川残るPFOS量の早急調査を 米軍泡消火剤流出で識者の原田浩二氏

 PFOSは急性毒性が現れる可能性は低いので、すぐに健康被害は生じにくいと考えられる。触るのは控えた方がいいが、万が一触ってしまった場合でも皮膚を通り抜けて血液に入っていくのは極めて遅いので、すぐに洗えば問題はない。ただ、PFOS以外に何が含まれているか分からないので、目や口に入り、その後体調に変化があれば、医療機関に相談してほしい。

 一方で、PFOSは発がん性や発達への影響が指摘されている有害な物質でもある。今回流れ出たものをすべて回収するのは不可能で、水に溶けるなどして取り切れずに河川に残ったPFOSの量を早急に調べる必要がある。PFOS以外の物質も含まれている可能性もある。本来ならば、米軍側が処理する問題だが、行政は早急に水質調査をし、分析して公表することが求められる。

 先日、環境省の有識者検討会でPFOSなどの水環境下における目標値として1リットル当たり50ナノグラムと了承された。その基準に照らし合わせ調査を進めてほしい。

(環境衛生学)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス