新型コロナウイルス感染症

沖縄、新たな感染確認なし 5月に入ってゼロ 県「クーラー使用中も換気を」【5月6日】

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

 沖縄県は6日、新型コロナウイルスの新たな感染者はゼロだったと発表した。ゼロになるのは6日連続で、今月に入って県内で感染確認者が出ていない。検査件数は39件。県関係の累計感染者数は143人のまま。

 今後、気温の上昇や悪天候のため、クーラーを使用する機会が増える。県では「クーラーをつけると、窓を閉めっぱなしになる傾向がある。定期的に換気することが大事だ」と呼び掛けた。また「連休中いろんな人と会った場合、体調の変化は翌日以降になるので、自分の健康管理をしっかりしてほしい」と求めた。

 6日現在、入院中は前日と比べ2人減の62人、うち重症者は4人。宿泊施設療養中は3人、自宅療養中が1人。療養中の患者は前日から2人減って計66人となった。退院した人は71人となった。県内ではこれまで5人が亡くなっている。【琉球新報電子版】

コロナ最新情報・家庭での対策は?



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス