芸能・文化

沖縄伝統の誇り 県無形文化財に21人を追加認定

 沖縄県教育委員会は19日付で県指定無形文化財「沖縄伝統音楽湛水流」保持者に6人、同「琉球歌劇」保持者に9人、同「沖縄の空手・古武術」に6人を追加認定した。県の文化財保護審議会が3月26日に答申した。

 追加認定された保持者の名前、年齢、居住市町村は次の通り。
 (敬称略)

【沖縄伝統音楽湛水流】
▽城間盛秋(65)西原町
▽高江洲昌和(62)沖縄市
▽渡慶次哲三(64)豊見城市
▽濱里長希(69)読谷村
▽宮城康明(69)那覇市
▽山内昌也(46)那覇市

【琉球歌劇】
▽赤嶺啓子(66)那覇市
▽安次嶺利美(69)那覇市
▽金城さゆき(伊良波さゆき)(37)豊見城市
▽金城真次(32)豊見城市
▽小嶺和佳子(50)沖縄市
▽髙宮城実人(47)那覇市
▽當銘由亮(52)沖縄市
▽恩納裕(52)うるま市
▽宮城武碩(68)那覇市

【沖縄の空手・古武術】
▽伊波光太郎(81)うるま市
▽伊波清吉(87)西原町
▽喜久川政成(74)与那原町
▽高良信徳(90)読谷村
▽仲程力(86)読谷村
▽眞栄城守信(75)那覇市



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス