経済

石垣牛へのクラウド支援、5日で目標突破 1436万円集まる

 新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する石垣牛への支援を募ろうと、JAおきなわが実施するクラウドファンディング「#ブランド牛応援リレー@石垣牛」が、開始から約5日で目標金額の1千万円を超えた。12日午後5時時点で898人の支援者から、1436万円が集まっている。生産農家やJAは支援の広がりに感謝し、募集終了の21日までの目標金額を3千万円に設定した。

 石垣牛は島内で7割、島外で3割消費される。だが新型コロナで石垣島を訪れる観光客は激減。焼き肉店や居酒屋での需要が落ち込み、出荷が滞留している。

 JAおきなわは5月29日にクラウドファンディングを開始し、今月2日に当初の目標の1千万円に到達した。支援者からは「大好きな石垣島がまた元気になりますように」などのコメントが寄せられている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス