社会

パラシュート目撃、米海兵隊は訓練否定 防衛局も情報なし

海上に落下するパラシュート=5日午後5時15分ごろ、沖縄県名護市沖(提供)

 沖縄県名護市豊原の住民が5日午後5時ごろ、同集落沖にパラシュートが落下するのを目撃した件で、米海兵隊は6日「キャンプ・シュワブで5日、その種の訓練は実施していない」と関与を否定した。パラシュートが目撃された場所は米軍キャンプ・シュワブの訓練海域とみられるが、沖縄防衛局や中城海上保安部に訓練の情報は入っていない。

 県は防衛局を通じて米軍の訓練情報を収集している。本紙は空軍と海軍、陸軍にも問い合わせているが、6日午後10時現在、回答はない。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス