沖縄米軍、新たに1人コロナ感染 7日以降62人目 キンザーにも拡大【7月12日午後】

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

 沖縄県は12日午後、米海兵隊の牧港補給地区(キャンプ・キンザー)=浦添市=で米軍関係者1人の感染報告が米側からあったと発表した。これで7日から12日までの米軍関係者の感染者数は62人となった。キンザーでの発生は初めて。

 また、11日夜に発表した7~11日までの普天間飛行場(宜野湾市)の感染者数38人は39人に、キャンプ・ハンセン(金武町など)の23人は22人の修正の連絡があったとした。

 12日に実施した30人のPCR行政検査に、キャンプ・フォスターに勤務する日本人基地従業員2人が含まれていたが、いずれも陰性だった。県によると、2人はキャンプ・ハンセンとの関わりもあったとみられる。

 県内の米軍関係では、3月に嘉手納基地で3人、7月1日にうるま市のキャンプ・マクトリアスで1人の感染が確認されており、累計感染者数は66人となった。【琉球新報電子版】



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス