経済

沖縄リゾート婚、コロナでキャンセル36億円 協会が県に支援要請

 沖縄リゾートウェディング協会(小川義昭代表理事)は30日、新型コロナウイルスの影響を受けるリゾートウエディング業界の回復に向けた支援策を県に要請した。感染対策にかかる費用の補助、外国人労働者の実態調査や復職への働き掛け、プロモーションや感染状況の情報発信などを要請した。

 同協会によると沖縄は年間約1万4千組のリゾートウエディングを受け入れており、2019年度の県内消費額は約259億円となっている。

 今年は4月以降のリゾートウエディングの延期やキャンセル数が6083組となっており、損失額は36億円に上る。県内客の数字は含まれていない。

 リゾートウエディング業界では外国人労働者も多く働いていたが、新型コロナの影響で帰国や解雇が起きており、労働者が減っている。今後、リゾートウエディングの稼働が回復してきた際には人手不足でスムーズな運営が難しくなることが予想されるという。

 同協会の上本貴史理事は「ウエディング業界は多大な延期やキャンセルで危機的な状況だ。業界を持続させるためにも支援を要請する」と話した。

 沖縄が早いタイミングで国内外にプロモーションをすることで、海外で挙式ができなくなったカップルなどを取り込めると訴えた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス