社会
戦後75年・言葉を刻む 

内地では伝えられていないこと 言葉を刻む(4)

内地では伝えられていないこと

上原兼治さん、沖縄県平和祈念財団事務局長

 沖縄県糸満市の国吉の丘に1965年、沖縄に散った山形県人らを慰霊する「山形の塔」が建立された。

 戦後、各都道府県は山形県と同様、戦没者の慰霊塔を建てた。財団は各都道府県や女学生の看護部隊などの塔、碑を管理してきた。

 財団は2011年に戦没者遺骨収集情報センターを設立。沖縄戦では、日本側だけで約18万人が亡くなったとされ、設立当時は2千~3千柱が未収集とみられていたが、多くの国民はその状況を知らない。

(2011年8月14日、山形新聞掲載)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス