教育

障がいある仲村さんの高校入学、同級生らが応援 SNS、動画で発信「一緒に学び成長」 

 知的障がいがあり、県立高校入試で3年連続不合格となっている仲村伊織さん(17)の元同級生3人は5日、仲村さんの高校入学を応援し、共生社会の実現を願うプロジェクト「Come Together」の開始を発表した。仲村さんとの学校生活を紹介する動画をYouTube(ユーチューブ)に公開したほか、ツイッターでも情報発信する。プロジェクトを通し、障がいの有無にかかわらず平等な選択ができ、自由に学べる社会の実現を目指す。


仲村伊織さんの普通高校入学を応援するプロジェクトを始めた元同級生の(右から)小倉悠河さん、金城尋成さん、奥平輝さん=5日、県庁記者クラブ

 プロジェクトを始めたのは金城尋成さん(17)、奥平輝さん(17)、小倉悠河さん(18)の3人。金城さんは小中学校、奥平さんと小倉さんは中学校で同級生だった。3人は「なぜ障がいがあっても普通高校に通うのがいいと思うか」をテーマに自身の思いを述べたほか、一緒に学ぶことで自身が成長できたことも強調した。動画の中で金城さんは「障がいがある人もない人も一緒に関わっていけるような、そんな世界が見てみたい」と語った。

 米国留学の経験がある奥平さんは、米国では同級生のヘルパーをすることでヘルパーの資格が取得できる制度があることなどを紹介した。

 中学卒業後、仲村さんのヘルパーを務めていた小倉さんは「自分も障がい者に対する偏見を持っていたが、伊織と関わるうちになくなった」と、自身の変化を語った。


仲村伊織さんの普通高校入学について思いを語る元同級生の奥平輝さん(動画投稿サイトYouTubeより)

 プロジェクトに賛同する国内外の同世代からもメッセージを寄せてもらった。

 県庁で会見した3人は「考えは人それぞれだけど、障がいがあっても学ぶ権利はある。伊織がコミュニケーションを取れないという誤解もあるので、発信しないと分からないと思った」と話した。

 動画のURLはhttps://www.youtube.com/watch?v=v6WlNBPERec、ツイッターのアカウントは@cometogether_ok

 

《関連記事》高校でも君と歩みたい…障がい者「応援プロジェクト」 元同級生が実名会見した理由



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス