社会

台風9号925ヘクトパスカル予測も 沖縄の旧盆「非常に強い」勢力で直撃か【8月29日昼】

気象庁発表の台風9号の予想進路図(29日午前9時現在)

 気象庁によると、台風9号は29日午前9時50分にはフィリピン東の海上の北緯16度30分、東経 129度35分にあって、ほとんど停滞した状態。今後発達しながら北上し、今月31日の旧盆初日「ウンケー」から9月1日にかけて非常に強い勢力で沖縄地方に接近する見込み。

 台風の中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで中心の南西側330キロ以内と北東側165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。今後勢力を拡大し、31日午前9時には中心気圧925ヘクトパスカルまで発達、那覇の南南東410キロ付近の海上に達すると予測しており、最大瞬間風速は70メートルになるという。

 沖縄地方は、31日からは猛烈な風が吹き、大荒れの天気となる可能性が高い。海上でも大しけとなり、台風の進路によっては、31日から9月1日にかけて警報級の大雨となるおそれがあるという。また、台風の接近と大潮の時期が重なることから、31日から9月2日ごろにかけて、警報級の高潮となるおそれもあるといい、気象庁では早めの台風対策を呼びかけている。【琉球新報電子版】




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス