社会

台風9号、沖縄本島・宮古で暴風警報 朝には久米島付近に 命を守る行動を【8月31日昼】

台風9号の接近に伴い、沿岸に打ち寄せる荒波=31日午前11時30分ごろ、八重瀬町湊川

 大型で強い台風9号の接近で、沖縄気象台は31日午後1時半までに沖縄本島地方と宮古島地方に暴風警報を発表した。沖縄地方全域で暴風のほか、うねりを伴った高波、大雨、高潮に厳重に警戒するよう呼び掛けている。本島地方では9月1日にさらに風が強まり、住宅が倒壊するほど猛烈な風が吹くおそれがある。県などは命を守る行動を最優先にとるよう呼びかけている。

 台風は、31日午前9時には、沖縄の南の北緯22度25分、東経128度25分にあって、1時間に約30キロの速さで北へ進んでいる。中心の気圧は955ヘクトパスカル。午後9時には、那覇市の南南西約150キロの、宮古島とのほぼ中間点付近に達し、非常に強い台風になる見込み。1日早朝には、久米島に最接近し、午前9時には、久米島の西北西約80キロに達する。中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルが予想される。

 沖縄本島のバスは、午後3時出発の便より全線運休するとホームページで発表した。9月1日も始発から午前中は全線運休し、午後の運行については午前10時に発表するという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス