社会

沖縄本島、暴風警報解除は夜遅くか 台風9号に警戒続く【9月1日午後5時半】

停電で信号が止まった国道331号=1日午前8時40分、沖縄県南城市佐敷

 非常に強い台風9号は1日午後4時には久米島の北北西約170キロにあって1時間におよそ15キロの速さで北へ進んでいる。沖縄本島地方では南西または南向きの暴風が続いており、最大風速30メートル、最大瞬間風速45メートルという走行中のトラックが横転するレベルの猛烈な風が吹くおそれがある。久米島を含む本島地方の暴風警報が解除されるのは同日夜遅くになる見通し。総降水量は8月31日午前0時から9月1日午後4時までに、久米島空港で232・0ミリ、名護市宮里で230・5ミリ、粟国空港で222・0ミリを観測した。

 午後4時現在、台風の中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径200キロ以内は風速25メートル以上の暴風となっている。非常に強い勢力を維持したまま東シナ海を北上する見込み。


午後4時現在の台風9号(気象庁HPより)

 本島地方では1日、多いところで1時間に30ミリの激しい雨が降る見込みで、積乱雲の発達の程度によって2日も警報級の大雨となるおそれがある。

 沿岸の海域はうねりを伴い、本島地方は猛烈にしけている。沖縄気象台は、本島地方は2日昼過ぎまで、先島諸島は1日夜遅くまでうねりを伴う高波に厳重な警戒が必要としている。

 台風の接近と大潮の時期が重なっており沖縄地方は2日にかけて潮位が高くなる見込み。高潮や、高潮と重なった高波による浸水などに厳重な警戒が必要で、高潮に注意・警戒が必要な期間と予想される最高潮位(標高)は本島地方で1日夜遅くまで2・0メートルなどとなっている。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス