芸能・文化

文科大臣賞受賞の陶芸家 作品の展示会開催 実演も披露

 【沖縄】沖縄市工芸産業振興会の工芸職人たちのアンテナショップ「コザ工芸館ふんどぅ」で、企画展「唐仙窯」琉球焼展が8月27日に始まった。9月30日まで(入場無料)。

 2018年に大皿「しののめ」で文部科学大臣賞を受賞した沖縄県認定工芸士で陶芸家の山内唐仙さん(67)が制作した直径60センチの二尺皿やコーヒーカップ、茶わんなど約50点を展示販売している。19、30日には、ろくろを回し制作する実演も披露する。

 山内さんは「スリップウエア技法(イギリスで始まった化粧土を使った装飾技法)で制作した大皿を見に来てほしい」と呼び掛けた。月曜定休で営業時間は午前11時~午後7時。問い合わせはコザ工芸館ふんどぅ(電話)098(934)2213。

(喜納高宏通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス