社会
新型コロナウイルス感染症

中学校やJA、総合事務局でも... 沖縄県内でコロナ感染確認

沖縄市の中学校で生徒1人感染

 【沖縄】沖縄市教育委員会は30日、市内の中学校に通う生徒1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。文部科学省の臨時休業の判断に基づいて休校措置は取らず、1日以降も通常通り授業を実施する。登校に不安を感じる生徒は欠席扱いではなく出席停止の措置を取るという。

JAおきなわSSの職員1人感染

 JAおきなわSSは30日、中城村の中城SSに勤務する職員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同日午後1時に店舗を閉鎖し、消毒作業を実施した。濃厚接触者の可能性がある職員は自宅待機とした。他店舗から職員を配置し、速やかに業務を継続するとしている。

沖縄総合事務局の50代男性職員が感染

 沖縄総合事務局は30日、那覇市の本局勤務の50代男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性職員は自宅療養中で、軽症者用療養施設に入所予定。外部と直接接する業務には従事していないという。男性職員は24日に知人の感染が確認されたことから28日にPCR検査を実施。29日に感染が確認された。男性職員は26日まで勤務した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス