社会

沖縄各地、秋一番の冷気 宮古島などで最低20度割れ

小雨の降る繁華街を長袖姿で歩く女性ら=23日午後3時ごろ、那覇市の国際通り(ジャン松元撮影)

 沖縄県内各地は23日、この秋で一番の涼しい朝となった。本島北部の国頭村奥で最低気温18.9度、宮古島市鏡原で19.9度を記録するなど20度を割り込んだ。日中も雨が断続的に降って最高気温も21~23度程度にとどまり、所によっては11月下旬~12月上旬並みの天気となりそうだ。

 最低気温が21.8度だった那覇市の中心部では、長袖のシャツやジャケットを羽織る人が急に増え、冷たい雨を避けながら足早に行き交う姿が目立った。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス