経済
沖縄経済ニュース

旅先体験予約サイト「KLOOK」がリニューアル 沖縄県内の商品を拡充

沖縄のツアー商品を充実させた「KLOOK」のサイト

 旅行中の体験を予約できるサイト「KLOOK(クルック)」は10月27日、沖縄県内でのアクティビティや交通手段の対象商品を拡充し、ウェブサイトをリニューアルした。28日時点で沖縄本島や八重山、宮古などで予約できる商品は100を超え、サイトを通して旅行者と事業者を結ぶサービスを充実させていく考えだ。

 クルックは2014年に香港で創業し、旅行者が旅先を訪れている「旅ナカ」と呼ばれる期間に、ツアー商品や施設の入場券を予約、決済できるサービスを手掛けている。世界400カ所で10万点以上の商品が予約でき、月間訪問者数は3千万人以上とされている。利用者の7割以上が40歳未満の世代で、スマートフォンから予約できる手軽さも特徴となっている。

 日本法人は17年に誕生し、インバウンド向けサービスを提供してきたが、19年から国内旅行に特化した商品やサイト運営を開始した。

 リニューアルされたサイトで、県内ではダイビングなどの体験や観光施設チケットのほか、本島や石垣と周辺離島をつなぐフェリーのチケットなどを予約することができる。年内に県内で利用できる商品を150点に増やす考えだ。

 日本法人マーケティングディレクターの山﨑真宏さんは「非接触での対応が可能となるため、コロナ禍でも安全に旅を楽しむことができる」と利点を強調した。同社は今後、県内で参入事業者を募る考え。

 問い合わせは同社(電話)050(6875)6387(益本)。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス