スポーツ

四国アイランドリーグに幸地、髙島が合格 徳島インディゴソックスと入団交渉

幸地 亮汰

髙島 輝一朗

松田 大輝

 野球の独立リーグ、四国アイランドリーグ(IL)のトライアウト合格者が9日、発表され、沖縄大の幸地亮汰投手(22)(与勝高出)と髙島輝一朗外野手(22)(沖縄尚学高出)が合格した。両者とも今後、徳島インディゴソックスと入団交渉を行う。トライアウト受験免除などが受けられる特別合格選手に沖縄尚学の松田大輝投手(17)(古堅中出)も入り、高知ファイティングドッグスと交渉する。

 幸地は169センチ、83キロの右投げ右打ち。6月に野手からコンバートしたばかりだが、最速148キロと伸びしろのある選手。髙島は175センチ、79キロの右投げ左打ち。50メートル5秒台の俊足が持ち味だ。特別合格の松田は174センチ、66キロの左投げ左打ち。ことしの夏季大会では、自己最速の138キロを出し、成長が著しい。

 四国ILは8日に福岡県で九州開催合同トライアウトを実施していた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス