エンタメ

コロナにはロックで 来月6日に沖縄市でコンサート

コンサートへの来場を呼び掛ける沖縄JAZZ協会の喜納正香中部支部長(左端)と県ロック協会の喜屋武幸雄事務局長(中央)ら=26日、沖縄市の琉球新報社中部支社

 【沖縄】県ロック協会と沖縄ジャズ協会中部支部は12月6日午後6時から、沖縄市のミュージックタウン音市場で新型コロナ終息の願いを込めた音楽イベント「ROCK ‘N ROLL WILL NEVER DIE (ロックンロール・ウィル・ネバー・ダイ)コロナに負けない! 復活コンサート」を開催する。当日の様子はオンラインでも同時配信する。

 県内を拠点に活動するアーティストを中心に、それぞれが“コロナを打ち負かす”ような熱いパフォーマンスを繰り広げる。公演は30分ごとの換気や座席の間隔を空けるなど、感染防止対策を徹底する。

 県ロック協会の喜屋武幸雄事務局長は「暗いムードが続く中、少しでもロックの力で明るい気持ちになってほしい」、沖縄JAZZ協会の喜納正香中部支部長は「ダイナミックな演奏を楽しんでほしい」とそれぞれ呼び掛けた。

 入場は前売り券2千円、当日券2500円。問い合わせは県ロック協会(電話)098(932)1638。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス