スポーツ

前里が総合グランプリ ベストボディモデル日本大会 長崎はミスター部門レジェンドで1位

入賞した(左から)前里明生、宮島萌、佐久真仁妃采、盛祐一郎=12日、神奈川県横須賀市(提供)

 健康でバランスの取れた肉体美を競うベストボディジャパン・モデルジャパン2020日本大会(ベストボディ・ジャパン協会主催)は12日、神奈川県横須賀市の横須賀芸術劇場で行った。モデルジャパン部門フレッシャーズクラスの前里明生(24)=豊見城市=が各クラスのグランプリ受賞者の中から選ばれる大会の総合グランプリに輝いた。ミスターベストボディ部門レジェンドクラス(60~69歳)の長崎敏幸(60)=那覇市=は同クラスグランプリを受賞した。

 盛祐一郎(31)=浦添市=がベストボディジャパン部門ミドルクラスで4位、ベストボディ部門マスターズクラスで仲村訓(46)=宮古島市=がトップ10入り。モデルジャパン部門ガールズクラスで佐久真仁妃采(24)=那覇市=が5位、石垣市出身の宮島萌(23)=東京都=がトップ10に入賞した。全参加者の頂点に立った前里は「人生を懸けて挑戦した。将来はフィットネスジムを立ち上げたい。その夢に大きく近づけた」と喜んだ。


入賞した(左から)長崎敏幸、仲村訓(提供)


関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス