社会

沖縄で初日の出見られる?各地の予定時刻は?元旦の天気は曇りの予想

 第11管区海上保安本部はこのほど、沖縄県内の初日の出の予想時刻をホームページなどで発表した。県内では元旦午前7時から7時半の間に日が昇る。沖縄気象台は元旦の沖縄地方の天気は曇り(28日現在)と予想しており、初日の出が見られる可能性は低そうだ。

 11管によると県内有人島で最も早く初日の出が昇るのは午前7時ごろ、南大東村の日の丸山展望台。本島では午前7時12分ごろに国頭村の与那覇岳、次いで名護市の多野岳が同13分ごろとなっている。

 毎年多くの観覧者が集まる南城市の知念岬公園では、久高島の南側から同15分ごろ日が昇り始める。県内で最も遅いポイントは、同30分ごろの与那国町の東埼。

 気象台によると大みそかや元旦の最高、最低気温は平年より低く、那覇市で12度まで下がる可能性もあるという。2日と3日は高気圧に覆われ晴れるところもある見込み。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス