スポーツ

スポーツにもサブスク 6クラブで11競技を体験 「可能性を広げて」

「可能性を伸ばす機会にしてほしい」とサブスクチャレンジスポーツをPRする実施団体の関係者ら=5日、那覇市の琉球新報社

 スポーツクラブを運営する沖縄県内6団体が協力し、新たな取り組みが1月から始まった。一定料金で一定期間のサービスが受けられる「サブスクリプション」を導入。「サブスクチャレンジスポーツ」として2カ月間5千円で6クラブの11スポーツを無制限に体験できる。障がいのある人を含め、幅広い年齢層がサービスを受けられる。

 会員証の発行から2カ月間、各クラブの講座に参加できる。バレーボールやバドミントン、陸上、タグラグビー、バスケ、ソフトボールなど11スポーツを体験できる。

 琉球スポーツサポートの手登根雄次代表の提案で、6団体が協力して企画。生涯スポーツの重要性が指摘される中、担当者らは「さまざまな体験を通じ新たな競技と出合い、個々の可能性を広げてほしい」と呼び掛けた。

 今後は参加団体の広がりなども模索するという。問い合わせは(電話)090(9780)8701(手登根)。琉球スポーツサポートのサイトからも申し込みができる。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス