社会

青空に日傘も映える 沖縄県内、北大東では20度も

街路樹の影が伸びる広場で日傘を差して歩く市民=13日午後1時すぎ、那覇市久茂地(ジャン松元撮影)

 沖縄地方は13日、寒気の影響で曇る所もあったが、高気圧に覆われて、おおむね青空が広がった。気温は竹富町大原でこの日最低の8.6度、宮古島市鏡原(9度)と石垣島(9.1度)の2地点は共に今季最低を記録するなど10度を下回る地域もあった。最高気温は北大東村北大東の20度。他の観測地点はいずれも20度を切り、肌寒さも残ったが、終日、好天に恵まれた。街頭では、日傘を差して歩く人もいた。

 沖縄気象台によると、向こう1週間は、期間の初めは高気圧に覆われておおむね晴れる。その後は気圧の谷や寒気の影響で曇りの日が多く、期間の中頃は雨の降る所がある見込み。最高気温・最低気温はともに期間の前半は平年並みか平年より高く、後半は平年並みか平年より低い。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス