経済

ゴーヤーにタコライス!自宅で「沖縄の味」 東京で沖縄フェスタ開催

沖縄の観光と物産展で旬の野菜を買い求める来場者ら=2日、東京都渋谷区代々木のJA東京アグリパーク

 【東京】JAおきなわによる沖縄の観光と物産展「はいさい!沖縄フェスタ」が2日、東京・代々木のJA東京アグリパークで始まった。ゴーヤーなどの農産品と物産、沖縄観光を組み合わせて首都圏に発信する。6日まで。

 沖縄から送られたインゲンやカボチャなど野菜7品目や小菊などのほか、沖縄そば、島豆腐なども並び、買い物客は熱心に品定めをしていた。数量限定の弁当も販売され、タコライスやゴーヤー、ラフテー丼などを日替わりで提供する。

 都内の竹石ヒデ子さん(78)は「コロナで沖縄に行けないので、このような機会は貴重だ。沖縄のカボチャは初めてなので、おいしかったらまた購入したい」と話した。

 イベントは4回目。今回は開催規模を縮小し、試食や料理教室、店内での飲食は行わず、新型コロナウイルスへの感染予防対策をした上で実施している。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス