政治

米軍低空飛行「わじわじーしている」 玉城知事、防衛相に全面停止を求める

記者会見する玉城デニー知事。低空飛行について憤りをあらわにした=19日午後

 沖縄県の玉城デニー知事は19日夕、米軍機の低空飛行が慶良間諸島や国頭村の辺戸岬などで連日繰り返されていることに、「米軍の度重なる低空飛行については、全くもってけしからん、わじわじー(怒って)している」と強い憤りをあらわにした。

 県によると、玉城知事は同日、岸信夫防衛相に対して、提供施設・区域外における訓練や県民に不安を与えるような低空飛行訓練を一切実施しないよう、米軍に強く働きかけることを電話で求めた。謝花喜一郎副知事も外務省北米局長に同様の申し入れを電話で行った。

 玉城知事は政府に対して「沖縄県民の不安とそのような状況があってはならないということを明確に伝えたい」と述べた。


中止要請翌日の18日、辺戸岬を低空飛行する大型機

<動画>低空・爆音、旋回何度も

https://ryukyushimpo.jp/movie/entry-1252462.html



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス