地域
沖縄経済ニュース

南城産マンゴーからビール 「食べるのと違う味わい」クリフビールが販売

マンゴービールを手にする宮城クリフ代表

 【沖縄】沖縄市比屋根で英国産麦芽を使用したクラフト(手作り)ビールを製造・販売する「クリフビール」(宮城クリフ代表)は、南城市産のマンゴーを使用した「Uncle Mango(アンクルマンゴー)by Husky Meow(ハスキーミャーオ)」を発売した。

 バナナのようなフルーティーな香り(エステル香)とマンゴーの甘みも若干残る柔らかな味わいが特徴。ラベルには定番ヴァイツェン商品の猫キャラクター「ハスキーミャーオ」を描いた。木陰でギター片手に歌うストーリー性を持たせ、ラベルのデザインも宮城代表が手掛けた。

 3回目の仕込みとなる同商品は、3月3日に350本を限定出荷するが、これが今期最後の販売となる。

 宮城代表は「食べるマンゴーとは異なる味わいを楽しんでほしい」とPRした。営業時間は午後1~6時。定休日は月・火曜。問い合わせはクリフビール(電話)098(953)7237。 (喜納高宏通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス