くらし

性の多様性、学校での取り組み充実へ NPO法人「レインボーハートokinawa」が設立

会見を開いたNPO法人レインボーハートokinawaの竹内清文理事長(右)と喜瀬実名子副理事長=1日、県庁

 LGBT・性の多様性への理解を深めてもらおうと講演活動などを行う「NPO法人レインボーハートokinawa」が1日までに設立された。LGBTの課題に取り組むNPO法人の設立は沖縄県内初。今後、学校講演会や教職員研修会のほか、制服選択制などの環境作りの促進、教員と連携した性の多様性を伝える授業作りなどに取り組む。

 竹内清文理事長と喜瀬実名子副理事長が1日、県庁で会見を開き、2月16日に設立したことを報告した。

 これまで任意団体「レインボーハートプロジェクトokinawa」として、県内を中心に全国の小中高特別支援学校253校で講演会を開催したほか、教職員研修などをしてきた。

 竹内理事長は「当事者が講演するだけでなく、先生が授業で性の多様性を教えるようになり、学校に通いやすくなる子が増える社会を目指したい」と抱負を語った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス