経済
沖縄経済ニュース

紅いも・黒糖「食べて応援」 オキコが新商品 県産品消費促す

県産品を使った新商品のパンをアピールするオキコマーケティング部マーケティング課の新里真奈美さん(左)と屋良恵美子係長=24日、那覇市泉崎の琉球新報社

 オキコ(西原町)は県産品の消費を応援するために、黒糖や紅いもなど、県産素材を使った新商品の発売を発表した。西表島産の黒糖を練り込んだ「黒糖メロンパン」(税込み130円)と、久米島産紅いもペーストを包んだ「ミニっ子紅いも」(同162円)を今月から県内量販店やコンビニエンスストアで販売している。県産紅いもの品種、美ら恋紅を使った「紅いもパンケーキ」(同152円)は30日に発売する。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で土産品が売れず、原料となる紅いもなどの販路が狭まっていることから、県産品の消費を後押しする狙いがある。マーケティング課の新里真奈美さんは「身近に手に取れるパンを通して、県産品に目を向けるきっかけになればいい」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス