経済
沖縄経済ニュース

華やぐ「仮想国際通り」公開へ クラファン目標金額超す 散策、買い物も

「バーチャル国際通り」の実現に向けて実施したクラウドファンディングに取り組んだ「あしびかんぱにー」の片桐芳彦代表(左)と那覇市国際通り商店街振興組合連合会の真喜屋稔理事長=1日、那覇市松尾の同社

 国際通りをウェブ上で再現する「バーチャル国際通り」の制作に向けたクラウドファンディングで、3月31日までに目標額(500万円)を超える約611万円が集まった。4月中に公開を予定している。

 開発は、ゲーム制作などを手掛けるあしびかんぱにー(那覇市、片桐芳彦代表)と、那覇市国際通り商店街振興組合連合会(真喜屋稔理事長)が共同で取り組んでいる。

 パソコンで閲覧でき、スマートフォンには未対応。バーチャル空間上で国際通りの散策や、ネット通販サイトに接続して買い物もできる。例年国際通りで8月に開かれている「一万人のエイサー踊り隊」も、今回はネット上での開催が検討されている。片桐代表は「体感・体験できるようなものにし、リアルなイベントとも連携していきたい」と語った。

 かつて国際通りに存在し、通り名の由来にもなった「アーニーパイル国際劇場」も、芸能発信の場として再現する。三線や島唄のバーチャル配信のほか、ご当地VTuber(バーチャル・ユーチューバー)「根間うい」によるライブなども予定する。

 開発資金を募るクラウドファンディングでは、返礼品に各店舗の商品を採用するなどした。連合会の真喜屋理事長は「多くの寄付の期待に応えられるよう、国際通りを盛り上げていきたい」と喜んだ。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス