社会

沖縄きょうから聖火リレー 名護スタート、石垣も

会場設営を終えた聖火リレーのセレブレーション会場=30日午後3時ごろ、名護市港

 沖縄県内での東京五輪聖火リレーが1日、名護市民会館周辺を巡るコースでスタートする。ランナーはそれぞれ約100メートルを走り、トーチで火をつなぐ。1日目は石垣市の市街地でもリレーを実施する。

 2日は糸満市の平和祈念公園内のほか、座間味村の海上にサバニを出して実施する。2日間で約180人のランナーがそれぞれの思いを込めて聖火をつなぐ。沖縄本島内は無観客での実施で、県実行委はネット中継での観覧を呼び掛けている。ランナーや大会関係者のほかメディアにも事前のPCR検査を求め、感染症対策を取った上での実施となる。1日は、お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリさんや、うるま市出身バンド「HY」らが走る。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス