社会

沖縄本島なお激しい雨の恐れ、広範囲で土砂災害警報 2日以降は晴れ予報(6月30日朝)

 沖縄気象台によると、沖縄本島地方は30日、梅雨前線に流れ込む湿った空気の影響で大気の状態が不安定となっており、7月1日にかけて多い所で1時間に30ミリの激しい雨が降るおそれがある。本島の広い範囲で大雨警報(土砂災害)が発表されている。1日午前9時までの24時間に予想される雨量は、多い所で100ミリという。

 これまでに降った雨により地盤の緩んでいる所があるため、30日昼前まで土砂災害への警戒を呼び掛けている。

 午前8時現在、大雨警報の発表されている自治体は次の通り。
 那覇市、糸満市、豊見城市、南城市、与那原町、南風原町、八重瀬町、沖縄市、うるま市、読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、名護市、恩納村、宜野座村、金武町、久米島町。

 一方、最新の天気予報では7月2日以降は6日ごろまで連日晴れ、最高気温32度の予想となっている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス