社会

キャンプ・ハンセンの山火事が鎮火 被災面積は約30ヘクタール

キャンプ・ハンセン(資料写真)

 米軍キャンプ・ハンセン内の金武町側にある「EOD1」で発生していた山火事は13日午前7時ごろ、鎮火した。火災は12日午後1時30分ごろ、爆発物処理訓練で発生した。米軍は12日午後8時30分ごろまで消火活動を実施し、翌13日の午前7時ごろに鎮火を確認した。被災面積は約30ヘクタールだった。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス