社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報

沖縄コロナ感染565人 多良間で3人 全市町村で感染者確認(9月3日朝)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 県が2日に発表した新型コロナウイルスの感染者は565人で、先週の木曜日より115人減少し、8日連続で先週の同じ曜日を下回った。多良間村で3人が感染した。同村で初めての感染確認で、県内の全市町村で感染者が確認された。

 多良間村では、感染拡大を防ぐため宮古保健所が疫学調査を行うという。

 前週と比べて新規感染者数を0・8倍に抑えれば、段階的に対策を緩和するとの県の方針について、糸数公医療技監は「今やっている対策を強力にやっていかなければ実現できない。そのためには、今以上の飲食店の協力が必要。先が見えるような形で協力を得ていきたい」と説明した。

 推定感染経路が判明しているのは292人で家庭内197人、施設内35人、職場内24人、友人・知人22人など。

 入院患者は698人で、うち重症者28人、中等症552人。重症者の病床占有率は75・7%。

 米軍関係の感染はキャンプ・フォスターで9人、嘉手納基地とキャンプ・ハンセンで各8人など計33人。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス