スポーツ

SPRYダンス全国3位 浦添の中学生 技術と構成で最高点

キメラダンスコンテストで全国3位になったSPRYの(前列右から)宮平紗英さん、與那嶺由衣華さん、大城香怜さん、(後列右から)岸本愛琉さん、山城美桜加さん、宮城朋佳さん、平良胡日乃さん(提供)

 全国のブロック予選を勝ち抜いたチームが参加するダンス大会「キメラダンスコンテスト」のファイナルが7日、東京都内で開かれ、九州代表として出場した沖縄県浦添市の中学生チーム「SPRY」がジュニア部門で3位入賞した。同チームのメンバーは浦添市のダンススタジオHOMELAND OKINAWA(ホームランドオキナワ)所属の7人。

 大会はダンススキル、ダンス構成、ストーリー性、演出、表現力構成の五つの項目を採点し、合計点で優勝を争った。SPRYはダンススキルとダンス構成で最高点だった。

 メンバーの山城美桜加さん(仲西中3年)は「優勝を目指していたので3位という結果はとても悔しいが、いい経験になった。何より、コロナ禍でも大会を開催してくれた関係者、全力でサポートし、応援してくれた方々に感謝の気持ちでいっぱい」とコメントした。同スタジオ所属の高校生以上チームも出場したが、入賞はできなかった。

 SPRYは来年1月に開かれる国内最大規模の大会「スーパーキッズダンスコンテスト」ファイナルの出場権を獲得している。同スタジオ所属の小学生チームも出場する。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス