社会

【動画】アオサギのくちばしに釣り糸…豊見城のビオトープで確認 県の救護活動は未定

 豊見城市内のビオトープで15日、くちばしと首に釣り糸が絡まった野生のアオサギが見つかった。糸の影響でくちばしの動きが制限され、えさが捕りにくくなっているとみられる。漫湖水鳥・湿地センターや市の担当者が同日、現場でアオサギの様子を確認し、県と対応を協議している。

 漫湖水鳥・湿地センターには先週末からアオサギの目撃情報が寄せられていた。

 同センターの池村浩明主査は「現時点では危機的状況にないものの、えさが食べられない状況が続けば徐々に弱っていく」と心配した。また「むやみに人が近づくと、さらに弱ってしまう」と述べ、静かに見守る必要性を強調した。

 行政によるアオサギの救護活動は未定。傷ついた鳥獣の救護事業を担当する県自然保護課は「発見者に病院に連れて行ってもらうのが基本的な考え方だ」と説明する一方、「今回は人為的な影響があり、助けたいという心情も理解できる」と述べ、判断に悩んでいる様子だ。 (稲福政俊)




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス