地域

警察犬アイベがお手柄! 行方不明者を捜索開始から1時間で発見 表彰式でご褒美も 沖縄・本部署

仲間信人署長(右)から表彰された警察犬のアイベとハンドラーの後藤智司巡査長=14日、本部警察署

 【本部】本部署(仲間信人署長)は14日、同署で警察犬のアイベフォムビルダァドルフ(呼び名=アイベ)とハンドラーの後藤智司巡査長(県警本部刑事部鑑識課)を特異行方不明者発見功労で表彰した。

 鑑識課屈指のプロである後藤巡査長とアイベは8月30日午前3時25分ごろ、本部町内で行方不明者の捜索要請を受けた。同日午前5時12分ごろから捜索を開始した。約1時間後にアイベは迷うことなく行方不明者を発見した。

 表彰式では、仲間署長から表彰状と副賞のスペシャルドッグフード2袋が贈呈された。仲間署長は「捜索要請後、迅速的確に発見したことに感謝します」と話した。

 後藤さんは「アイベは日々、地道な訓練をして夜中からよく頑張ってくれた。これからも安心安全なまちづくりに貢献させたい」と語っていた。
 (上間宏通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス