スポーツ
釣りへ行こう

那覇一文字 39センチオキメジ

23日、那覇一文字で39センチ・1.16キロのオキナメジナを釣って優勝した知念栄作さん

 23日、那覇一文字ハシゴを会場に遊志会親睦釣り大会が開催された。遊志会のメンバーを中心に14人が参加して25センチ以上の魚2匹の総重量で競った。

 知念栄作さんは、ハシゴ近くのポイントで開始後、0.52キロのタマンを釣り上げたが、その後は続かず、近くのメンバーもベラを釣り上げたのみだった。午前9時にポイントを白灯に移動。まき餌をすると40センチ前後のオキメジ(オナメジナの略語)3匹がテトラの中から出てきて、まき餌を拾っているのを確認。まき餌をまいて、テトラからおびき出そうと試みたが、少し出てはまき餌を食べるとすぐに中に逃げ込み、なかなか出てこなかった。

 全遊動の仕掛けをテトラの中に入れてアタリを待っていると、竿(さお)を引ったくるようなアタリがあった。すぐに竿を横に寝かせて合わせ、竿を満月のように曲げたままテトラと反対側に移動し、テトラの中からオキメジを引きずり出した。無事タモに収まったのは39センチ・1.16キロのオキメジで、その後0.53キロのジキランカーハジャーを釣り上げ、2匹の重量1.69キロを釣り上げ優勝した。

 主な結果は次の通り。

 1位・知念栄作 1.69キロ
 2位・森根龍司 1.21キロ
 3位・与那嶺力 1.05キロ

(おきなわ釣り王国社・仲栄真修)

 

 


19日、うるま市海岸で74センチ・6.08キロのタマンを釣った西田光希さん

17日、辺土名沖で92センチ・9キロと90センチ・8キロのカイワリを釣った洲鎌さんと鈴木さん


23日、熱田漁港で54センチ・0.28キロと55センチ・0.31キロのシジャーを釣った新垣明智さんと光倫さん

21日、南部海岸で93センチ・9.35キロのガーラをルアーで釣った平良英雄さん



16日、名護海岸で64.5センチ・3.9キロチャイロマルハタと61.7センチ・2.99キロのムネアカクチビを釣った花城喜昭さん

23日、渡嘉敷島で107.3センチ・15キロのロウニンアジを釣った宮里一史さん


15日、知念海岸で82.5センチ・0.47キロのタチウオを釣った田辺遥真さん

20日、宜野湾海岸で60.6センチ・2.85キロのタマンを釣った米須啓人さん


17日、宜野湾海岸で55.25センチ・2.4キロのタマンを釣った當山博さん

23日、宮城島で63センチ・3.38キロのタマンを釣った山城尋疾さん



釣りへ行こう
関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス