スポーツ
釣りへ行こう

ナークゾネでカンパチ

7日、ナークゾネの泳がせ釣りで6~16キロのカンパチやオーマチなどを数釣りしたOPAフィッシングクラブの(左から)喜友名啓さん、荻堂晢さん、知念克治さん、崎浜秀智さん、大城健さん、堀内宏泰さん

 7日、OPAフィッシングクラブのメンバーは、慶良間の南にあるナークゾネに泳がせ釣りに出かけた。

 2時間ほどでポイントに着くと、まずは餌となるムロアジ釣りを始めた。ムロアジサビキを下ろすとすぐに40センチ前後のムロアジが次々にヒット。20分ほどで餌に必要な量が釣れたので、早速泳がせ釣りを開始。

 ムロアジを餌に大物仕掛けを下ろすと、6~16キロのカンパチやオーマチが次々にヒット。

 血の出ていない小物をリリースしても船の大型クーラーは午後2時ごろには満杯となり、帰りに大型カンナギのポイントで大物がヒットしたが、その走りを止めることができず、ライン切れ。次回リベンジを誓って帰港した。

 南美丸・大城直幸船長、電話090(3795)1454。

 3月10日から行われたGFG沖縄青年部フカセトーナメント大会の決勝戦と3位決定戦が6日、那覇一文字北の先端で行われた。25センチ以上の釣った魚の総重量で優勝と3位を決めた。主な結果は次の通り。(敬称略)

【決勝戦】
 1位・運天雄次 5.94キロ
 2位・宮平聖也 該当魚なし

【3位決定戦】
 3位・上門昇太 3キロ
 4位・玉城晃 1.67キロ

(おきなわ釣り王国社・仲栄真修)

 

 


9日、糸満沖で95センチ・8.8キロのカンパチをジギングで釣った盛根直昭さん(南美丸)

12日、名護海岸で46.4センチ・1.56キロの南黒鯛を釣った諸見里琉真さん


6日、那覇一文字北の先端で8匹総重量5.94キロと大会開始前に64センチ・2.62キロのギンガメアジを釣った運天雄次さん

11月14日、南城市海岸で93センチ・13キロのアーラミーバイを釣った平良英雄さん



8日、宜野座海岸で66.5センチ・3.92キロ、62.5センチ・3.3キロ、52センチ・2.06キロのタマンと40センチ・1.42キロのマクブを釣った津波智明さん

7日、恩納村沖で157センチ・2.98キロのタチウオを釣った近岡美雪さん


10月31日、石垣港で42センチのグルクマを釣った半田マサヒデさん(BARBER SHOP Mango mangingisda)

14日、北谷海岸で55センチ・2.5キロのタマンを釣った新垣秀人さん


10日、恩納村で1.9キロのアオリイカを釣った玉城アンリさん、あずみさん、瑠々海さん

6日、石垣島川平海岸で78センチ・7.26キロのヤイトハタを釣った古波蔵宝永さん



釣りへ行こう
関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス