政治

オスプレイ訓練佐賀移転取り下げ 防衛相、山口知事へ伝達

 【佐賀県で当山幸都】中谷元・防衛相は29日、佐賀県庁で山口祥義知事と会談し、米軍普天間飛行場の米海兵隊垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの訓練を佐賀空港に移転する計画を取り下げる考えを伝えた。中谷氏は陸上自衛隊が導入するオスプレイなどの佐賀空港配備については推進する考えを示した上で、米海兵隊のオスプレイの訓練移転については「自衛隊機の配備とは切り離し、要請を取り下げる」と表明した。

 オスプレイの佐賀空港への訓練移転は防衛省が昨年7月、当時の仲井真弘多知事から普天間飛行場の5年以内の運用停止を要望され、辺野古移設が完了するまでの間の策として佐賀県に打診していた。だが地元の反発などを受け、断念せざるを得ないと判断した。
 山口佐賀県知事は米海兵隊のオスプレイの訓練移転が取り下げられたことを「大きな意味がある」と評価した。その上で、自衛隊の佐賀空港受け入れについては検討に入る考えを示した。
 中谷氏は秀島敏行佐賀市長や自衛隊施設の建設候補地の地権者を抱える佐賀県有明海漁協の徳永重昭組合長らとも会談した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス