社会

台風2号、中心付近は最大風速60メートル 「スーパー台風」に警戒強まる 沖縄沿岸は27日からしける(26日午後6時現在)

台風2号の進路予想(26日午後6時現在)

 気象庁によると、猛烈な台風2号は、26日午後6時現在、フィリピンの東にあって、1時間におよそ25キロの速さで西へ進んでいる。中心の気圧は905ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は60メートル、最大瞬間風速は85メートル、中心から半径440キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 沖縄気象台によると、台風はフィリピンの東を西北西へ進み、29日以降に非常に強い勢力で沖縄地方に接近する恐れがある。接近に伴い沿岸の海域では、27日から次第にしけ、28日から大しけとなる見込み。31日頃にかけて大しけが続く見込み。気象台はリーフなどでの離岸流や、急な波の高まりに注意するよう呼びかけている。

 28日の波の高さは、本島、大東島、宮古島、八重山諸島の各地方で6メートルの予想。うねりを伴う高波に警戒するよう呼びかけている。

 沖縄地方は、28日から東の風が強まる見込みで、台風の進路によっては、先島諸島で30日頃から暴風となる恐れがある。

 米軍合同台風警報センター(JTWC)は、猛烈な台風2号を「スーパー台風」と呼び、警戒を強めている。
 (慶田城七瀬)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス