ルカン礁でドリフトダイビング中に一時漂流 糸満市西方沖 7人全員を無事救助


この記事を書いた人 Avatar photo 與那嶺 松一郎
第11管区海上保安本部のヘリコプターによって発見されたダイバー=19日午後2時前、糸満市西方沖(第11管区海上保安本部提供)

 19日午前11時50分ごろ、糸満漁港から西約12キロの沖合にあるルカン礁で、ダイビング船から「ルカン礁北側でダイビング中の男女7人が行方不明となった」との118番通報があった。第11管区海上保安本部などがヘリコプターや巡視船艇で捜索し、同日午後3時過ぎまでに7人全員を発見・救助した。いずれも目立ったけがはなく、救急搬送もされていないという。

 11管などによると、7人のうち2人はインストラクターで、5人は客。ルカン礁は有名なダイビングスポットで、7人は潮の流れに乗って海中を移動する「ドリフトダイビング」をしていたという。別のダイビング業者は、ルカン礁について「ドリフトダイビングがメインになり、見どころは30メートルよりも深い場所にあるため一定程度の経験が必要になると思う」と話した。

行方不明者の捜索作業でヘリコプターからつり上げられる人=19日午後2時55分、糸満市西崎(小川昌宏撮影)

 7人はルカン礁にあるルカン礁灯台から北北東約640メートル地点で行方不明となった。そのうち6人はルカン礁の南東約6キロの地点で午後2時前にまとまって見つかり、残りの1人はその後、ルカン礁の南東約7キロの地点で発見された。いずれも11管のヘリコプターでつり上げ、救助された。

 那覇海上保安部によると、現場海域には午後0時50分、南南西10メートルの風が吹いていた。午後3時は南西6メートルの風で、波の高さは1.5メートルだった。通報があった時間帯に、波浪注意報は出ていなかった。

 ツアーは糸満市内の2業者が主催した。那覇海上保安部が業者や漂流者から話を聞き、事故原因を詳しく調べる。