経済

「信頼の翼」今後も RAC30周年、乗客に感謝カード

搭乗客にお菓子を配るJTAサザンスカイサービスの職員ら=24日午前、宮古空港

 【宮古島】南西諸島内の航空路線を担う琉球エアーコミューター(RAC、伊礼恭社長)は24日、創立30周年を迎えた。同日、宮古空港ではRAC便の旅客サービスも担うJTAサザンスカイサービスの職員らが、日ごろの感謝の思いをつづった社員直筆のカードやお菓子を利用客に配布し、節目の日をPRした。

 JTAサザンスカイサービスの伊計幸一郎宮古空港所旅客課主任は「30年間の大きな感謝と未来を乗せて、これからも島々を結ぶ信頼の翼として一層のサービス向上に努めたい」と決意を語った。
 同日はクリスマスイブということもあり、多良間島で消費される多くのケーキも貨物室に搭載され、にぎわいを見せていた。
 RACは1985年12月24日に設立された。