経済

沖縄ガス、電力小売りに参入 10月から企業向け販売 イーレックスと合弁会社設立

 沖縄ガス(那覇市)と新電力大手のイーレックス(東京)は5日、電力の小売り全面自由化に合わせて、合弁会社「沖縄ガスニューパワー」を県内に設立し、企業向けに10月から小売り事業を始めると発表した。当面は本島内の太陽光発電による電力を買い取り、ホテルや工場向けに沖縄電力より割安な料金で電気を供給する。将来的には、5万㌔㍗規模のバイオマス発電所の設置も視野に、発電事業と電源開発事業にも乗り出す方針。

 合弁会社は本年度に2千~3千㌔㍗程度の電力を太陽光発電設備から集め、20~30件程度の企業に電気の販売を予定している。既に数社と電力の買い取りについて、再生可能エネルギー買い取り制度(FIT制度)の販売価格より高い価格で買い取ることで合意しており、今後、供給先との交渉を進める。
 合弁会社の出資比率はイーレックスが60%で、沖縄ガスが40%。代表権を持つ社長には沖縄ガスの湧川直明常務が就任し、専務にはイーレックスの田中稔道執行役員が就いた。事務所は沖縄ガス構内に設置した。月内に小売り電気事業者(新電力)として経済産業省に登録申請する。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス