社会

辺野古、50人が抗議行動 講演「20年の闘い」も

米軍キャンプ・シュワブゲート前で基地建設に対する抗議行動を展開する人たち=14日午前、名護市辺野古

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、米軍キャンプ・シュワブゲート前では14日午前、約50人の市民らが抗議活動を展開している。大浦湾では、抗議船2隻、カヌー12艇が海に出て海上の動きを確認した。


浦島悦子さん

 専門家らから話を聞く「辺野古総合大学」は、ヘリ基地いらない二見以北十区の会の浦島悦子さんが「地元住民の新基地反対の20年の闘い」と題して午後2時から講演する予定。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス