フロートの撤去時期明言せず 辺野古工事中断で中谷防衛相 「引き続き協議」

 【東京】中谷元・防衛相は15日午前の会見で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡る代執行訴訟の和解に基づく作業部会で、政府がフロート(浮具)の撤去を検討する考えを示したことについて「現時点で確たる時期を答えるのは困難だ」と述べ、撤去に向けた具体的な作業日程は明言しなかった。
 政府は和解条項に明記された工事中止の範囲について「工事を進めずに現状維持すること」(菅義偉官房長官)としており、和解に基づく協議の趣旨から県の要望を受けて「フロートの撤去を前向きに検討する」としている。
 中谷氏も同様の見解を示した上で「引き続き協議されると認識している」と述べ、今後も話し合われるとの見方を示した。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス