社会

炎天下 訴えも熱く 県議選初の週末 期日前投票始まる

告示後最初の週末、街頭で支持を訴える県議選立候補者と握手する有権者ら=28日、沖縄本島南部

 27日に告示された県議選は28日、選挙期間中、最初の週末を迎えた。各候補者や運動員らは朝早くから始動し、主要交差点でのスポット演説や手振り、住宅地を巡っての遊説などを展開。それぞれ精力的な活動で懸命に支持を訴えた。

 那覇市で最高気温が31・1度を記録。候補者らは強い日差しの下、歩行者や運転手に手を振って政策をアピールした。候補者名を連呼する選挙カーからのアナウンスが響き渡り、県内各地は選挙色に包まれた。

 この日から期日前投票が始まったほか、前回県議選から導入された選挙公報の発送も離島を皮切りに開始。

 県選挙管理委員会によると、候補者を紹介する選挙公報は約63万8千部印刷し、30日までに選挙区の各市町村に発送するという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス